ア・ホール・イン・ザ・ウォール / マーク・ジョーダン

○○○○○○○○イメージ

洗練された都会派AORサウンドにビターでソウルフルなヴォーカルが響く
スティーヴ・キプナー、デヴィッド・フォスター、スティーヴ・ルカサー、ペイジズ参加

1. SLIPPING AWAY
2. MARGARITA
3. SHE USED TO BE MY WORLD
4. A HOLE IN THE WALL
5. WHERE DID WE GO WRONG
6. IT'S ONLY LOVE
7. LOVE LIKE A WHEEL
8. THIEVES
9. DANCE WITH ME
10. HOLD ON

AORが一番AORらしかったのは1982-3年の頃。

それはこのアルバムにも参加しているデヴィッド・フォスター、スティーヴ・ルカサー、マイク・ベアード、ペイジズ・・つまりその頃L.A.でスタジオ・ミュージシャンとしてひっぱりだこだったメンバーがロック~ポップス~ジャズと様々な要素を織り込みながら斬新なサウンドを形成していた時期に他ならない。

そして、その真っ只中に凄腕の彼らが参加したアルバムがコレである。
マーク・ジョーダンはダイアナ・ロス、ロッド・スチュワート、ケニー・ロギンス、ナタリー・コールなどに楽曲を提供していることでも有名。
彼のソウルフルなボーカルと都会派AORサウンド・・・言わずとも名盤なのである。

-------------------------------------------------
Produced by MARC JORDAN & DON MURRY
Exective Producer : TAKA NANRI
Recorded & Mixed by
YAMAHA RESEARCH & DEVELOPMENT STUDIO, GLENDALE
Engineered by DON MURRY
A SOUND DESIGN PRODUCTION
-------------------------------------------------

試聴・ご購入はこちら >

 □ 配信ダウンロード
   近日中にリマスター音源が配信の予定です

  >「iTunes」 (PC)

  >「レコチョク」 (PC)

  >「Music Store レコチョク」(SP)

  >「Amazon デジタルミュージック」(PC)

-------------------------------------------------